旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

13件の脆弱性を修正したMicrosoft Edge 87.0.664.75リリース、Microsoft

2021年01月12日13時30分 / 提供:マイナビニュース

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は1月11日(米国時間)、「Microsoft Releases Security Updates for Edge|CISA」において、MicrosoftがWebブラウザ「Microsoft Edge (Chroniumベース)」の最新版となるバージョン87.0.664.75をリリースしたことを伝えた。Microsoft Edge 87.0.664.75はChromium 87.0.4280.141をベースとしたバージョンで、全部で13件の脆弱性の修正が含まれている。

Chromium 87.0.4280.141はGoogleによって2021年1月6日(米国時間)にリリースされた。このバージョンにはCVEベースで次の13件の脆弱性が修正されており、Edge 87.0.664.75にはこの修正が取り込まれた形になる。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る