旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ウイルスベクターを用いた新型コロナ用ワクチンを都医学研などが開発

2021年01月08日17時53分 / 提供:マイナビニュース

東京都医学総合研究所(都医学研)、東京都福祉保健局、滋賀医科大学の3者は1月7日、「ワクシニアウイルスベクター」を用いた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)向けワクチン「SARS-CoV-2遺伝子組換えDIs株ワクチン(rDIs-Sワクチン)」を作出したと共同で発表した。また、カニクイザルに接種して発症予防効果の評価を行い、肺内の新型コロナウイルス増殖が抑制され、肺炎の発症もほとんど見られなかったこと、ワクチンによる重篤な副反応も認められなかったことも発表された。

同成果は、医学研の小原道法特任研究員と、国立感染症研究所の石井孝司品質保証・管理部長らの共同研究チームによるもので、滋賀医科大の伊藤靖教授らの研究チームが動物実験を担当した。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る