旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シリコンバレー101 第863回 激戦の2020年賞レースで高評価、インディゲーム「HADES」はなぜヒットした?

2021年01月11日09時00分 / 提供:マイナビニュース

「あつまれ どうぶつの森」「Ghost of Tsushima」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」「Fall Guys」「スパイダーマン:マイルズ・モラレス」など、ゲームのあたり年だった2020年。米国で後半に「HADES」というゲームが話題になった。初めて聞いたという方も多いと思う。インディゲームで、対応プラットフォームはPCのみ (海外ではSwitch版もあり)。でも、Steamでは10万人以上がレビューして「好評」が98.9%という圧倒的な好評価。IGNやPolygonといったゲーム専門メディアのゲームオブザイヤー、TIMEの2020年のベストゲーム、The Game AwardとGolden Joystick Awardsのベストインディゲームなど、激戦だった2020年のゲーム賞レースで輝かしい受賞歴を残した。

HADESはギリシャ神話の世界をモチーフにしている。プレイヤーは冥界の王子・ザグレウスになり、襲いかかってくる敵を倒し、試練を乗り越えて父・ハデスが支配する地獄から脱出する。アクションゲームだ。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る