旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岐路に立つIntel、物言う株主がIDM事業の抜本的な見直しを要求 - 海外報道

2021年01月07日21時15分 / 提供:マイナビニュース

物言う株主として知られる米ヘッジファンドThird PointがIntelに、製造と設計を両方手掛けるIDMモデルが本当に適切か否か、事業を抜本的に見直し、速やかに行動に移すように求めたと、ロイターやWall Street Journalなど複数の米国メディアが2020年末に相次いで報じた。

IntelのBob Swan CEOは、2021年1月にCPUの外部製造委託の可否の最終判断を下すとすでに発表しているが、Third Pointの改革要求で大規模な事業再編が促進する可能性が出てきたと見る向きが多い。なお、Third Pointは、今回の懸念についてIntelが早急な対応を渋る場合、次回のIntelの株主総会で独自の取締役候補を立てるとして圧力をかけている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る