旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

脳への糖の取込みの促進と食生活の改善が健康寿命を延ばす - 都立大が解明

2021年01月07日18時18分 / 提供:マイナビニュース

東京都立大学(都立大)は1月5日、加齢による脳神経細胞内の糖代謝変化と個体の老化との関係について、モデル動物であるショウジョウバエを用いて調査を行った結果、加齢による脳神経細胞内のATP量の減少は、神経細胞内への糖取り込みを促進することで抑えられることを発見したと発表した。同時に、神経細胞内への糖取り込みを促進することで、加齢性運動機能低下を緩和し、寿命が延伸することも判明したと発表した。

同成果は、都立大大学院 理学研究科 生命科学専攻の岡未来子大学院生と安藤香奈絵准教授らの研究チームによるもの。詳細は、米科学雑誌「iScience」にオンライン掲載された。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る