旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「今後ダウン症の姉の面倒は誰がみるのか?」…高嶋ちさ子一家が真剣議論

2021年01月06日15時00分 / 提供:マイナビニュース

きょう6日に放送される日本テレビ系バラエティ特番『1周回って知らない話』(19:00~22:54『今夜くらべてみました』と合体SP)では、バイオリニスト・高嶋ちさ子一家に密着する。

番組恒例となった高嶋家の家族旅行の行先は、かつて父の兄である高島忠夫の別荘がありよく訪れていた神奈川・油壷。ちさ子に負けない強烈キャラの86歳父と姉、そしてちさ子の3人は道中、小さなきっかけでケンカが勃発したり、思い出の地を巡りながら大はしゃぎしたりと、常に笑いが絶えない。

そんな高嶋家最大の悩みは「今後ダウン症の姉の面倒は誰がみるのか?」。今年、海外赴任していた兄が日本に帰国したことから、具体的に話を進めることになった。「そのときになったら考えても」と悠長に構える父と兄に対し、ちさ子は「現実がわかってない」と猛反発。姉は「住む部屋を用意する」という兄、妹の気持ちに感謝しつつ、自立についても真剣に考えていた。そこで高嶋一家が出した結論とは…。

そして、これほど強烈なちさ子となぜ20年も夫婦でいられるのか、夫にも注目。その裏には、ちさ子が巧妙に仕込んだ“夫の教育法”があった。付き合うまでは猫をかぶってしおらしくしていたが、結婚後、夫の洗濯物の出しかたにブチギレ。家事をさせるためにとある秘策を打つと、子どもとの過ごし方まで徹底管理。すると、そんなちさ子に、ついに夫の口からある言葉が。夫のまさかの宣言にスタジオ中が驚がくする。

そんな高嶋に「子育ての相談をしたい」と、女優・菅野美穂が登場。新ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』に主演し、大みそかの『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』では、その思い切ったボケっぷりがTwitterでトレンド1位になった菅野。しかし、プライベートでは5歳の男の子と2歳の女の子を持つママだけに、「毎日怒ってます」と子どもに関する悩みを真剣に打ち明ける。

子育てのリアルを聞いて、イスからずり落ちたり、ちさ子の子どもの言動に思わず「うらやましい」という言葉が漏れたりと、菅野ママの本音が止まらない。また、「子どもに怒ったことがない」というアンタッチャブル・柴田英嗣の教育方針に、ママ勢が「無責任!」と一斉に激怒する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る