旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

山口県教委、25,500台のSurface Go 2などをすべての県立高・中学校に展開

2021年01月06日13時22分 / 提供:マイナビニュース

日本マイクロソフトは1月6日、山口県教育委員会が25,500台の Surface Go 2およびSurface Pro 7、Microsoft 365ライセンスを、同県のすべての県立高校と中学校に展開することを発表した。

山口県教育委員会では、生徒用端末として23,000台のSurface Go 2を、教員用端末として2,500台のSurface Pro 7を、本年3までに導入することを目指しているという。

メモリ8GB、ストレージ128GBの上位モデルを採用し、生徒のより快適な学習環境を実現しているという。日本マイクロソフトによると、生徒と教員がSurfaceを活用する国内最大規模の事例だということだ。

なお、同委員会は今回の端末の展開にあたり、Windows Autopilotの「事前プロビジョニング」展開を活用しているという。また、国内の教育機関として初めてマルチOS管理を実現しており、その管理も教育委員会自ら行っているということだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る