旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本マイクロソフトの2020年を振り返る - Surfaceの活況・GIGAスクール構想・B2B色が鮮明に

2021年01月02日11時00分 / 提供:マイナビニュース

2020年はコロナ禍で散々な1年だったが、このような状況下でこそIT企業の底力が見えてくる。日本マイクロソフトの2020年を振り返ると、B2B色が濃くなり、一般ユーザーとの接点は昔ほど多くなくなった。Windows 10やSurfaceシリーズくらいだろうか(Officeアプリケーションもほぼ一般化しているといってもいいだろう)。ここではデバイスが関連する内容を中心に、2020年に日本マイクロソフトが発表したトピックをまとめてみた。

筆頭に挙げたいのはGIGAスクール構想だ。文部科学省が「児童生徒1人1台のPC」を実現するために掲げたインフラ周りを含む整備計画だが、日本マイクロソフトは2020年2月4日にGIGAスクール構想に適合した8社17機種の「GIGAスクール対応PC」と、Microsoftのクラウドサービスを組み合わせたソリューション「GIGAスクールパッケージ」の提供開始を発表した。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る