旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

星野源、「うちで踊ろう」2番に込めた思い「一緒に心の内側で踊りたい」

2020年12月31日23時07分 / 提供:マイナビニュース

歌手で俳優の星野源が31日、『第71回NHK紅白歌合戦』(19:30~23:45 ※中断ニュースあり)に出演し、「うちで踊ろう(大晦日)」を披露した。

「うちで踊ろう」は、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間中に星野自身のSNSで公開され、多くの人がダンスやコーラス、楽器、さらにはイラスト・アニメーションなど様々な形でコラボレーション。それらの動画は瞬く間に広く拡散され、社会現象となり日本中を勇気づけ、今年を代表する1曲となった。

「うちで踊ろう(大晦日)」はすでに発表されている同曲に2番の歌詞/構成が加わった特別版で、CDや配信など音源化はされていない。紅白で初披露された。

星野は「今年大変な年でしたし、まだまだ終わりが見えない大変な状況だとは思うんですけど、今この時間を生きている皆さんに向けて、生活している皆さんに向けて、一緒に心の内側で踊りたい、そういう気持ちを込めて新しい歌詞を書きました」と2番の歌詞に込めた思いを明かした。

今年の紅白は、番組史上初の無観客で開催。テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。総合司会はお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は二階堂ふみ、白組司会は大泉洋が務める。内村は4年連続4回目、桑子アナは68回、69回に続いて3回目、二階堂と大泉は初となる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る