旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

嵐、レコ大でSPメドレー披露「これからも嵐の音楽を愛していただけたら」

2020年12月30日22時22分 / 提供:マイナビニュース

アイドルグループ・嵐が30日、年末恒例の『第62回輝く! 日本レコード大賞』(TBS 17:30~22:00)に出演し、「特別栄誉賞」を受賞。そして、「レコ大スペシャルメドレー」を披露した。

年内で活動休止する嵐が『レコード大賞』初出演。日本レコード大賞実行委員会により、長年にわたる活躍で広く大衆の支持を得て、音楽文化の発展に多大な貢献をもたらした人に贈られる賞として新設された「特別栄誉賞」を受賞した。

大野智は「信じられない。子供のときから『日本レコード大賞』は知っているし、それプラス、特別栄誉賞なんてちょっと理解ができない感じ」と心境を告白。二宮和也は「62回も続いている素晴らしい賞レースですし、僕らもデビューしたときには『絶対62回には出ようね』ってみんなで約束して」と笑いを誘い、松本潤らが「ここ(第62回)目指してたの!?」とツッコんだ。

その後、一人ひとり改めてメッセージ。相葉雅紀は「21年目で特別栄誉賞をもらえると思ってもなかったですし、21年間頑張ってきたご褒美だなと思っています。最高のパフォーマンスを見てください」と呼びかけ、松本は「21年間たくさんの方に支えていただいてこれまでやってくることができました。本当にありがとうございます。少し形は変わりますが、これからも前を向いて進んでいこうと思いますので、これからも嵐をよろしくお願いします」と語った。

大野は「みなさんの応援がなかったら僕たちここに立てていないと思いますし、僕ららしいパフォーマンスを最後までやりたいと思います」と誓い、櫻井翔は「栄えある賞を頂戴しまして胸がいっぱいです。来年以降も僕たち嵐の音楽が胸に、耳に響き続けてくれたらなと願っております。これからも嵐の音楽を愛していただけたらと思います」とメッセージ。二宮は「休止前TBSで歌うのは最後になりますが、最後をいただけてよかったと感謝しております。僕らもきっちり最後は歌って締めたいと思っていました。力いっぱい5人で歌わせていただきます」と力を込めた。

そして、「嵐レコ大スペシャルメドレー」と題し、「果てない空」「Love so sweet」「A・RA・SHI」の3曲を披露。途中で松本が「今日は本当にどうもありがとうございます。そしてこれからも僕たちの音楽がみなさんの心に存在し続けますよう」と改めて思いを伝えた。

(C)TBS

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る