旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Windows 10ミニTips 第568回 タスクバー右下に現れた謎のアイコンは一体何?

2020年12月25日00時12分 / 提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Microsoftは2020年10月に配信した更新プログラム「KB4580364」で、「Meet Now(今すぐ会議を開始する)」を有効にした。タスクバー右下にビデオ型のアイコンとして表示されている。

「Meet Now」はSkypeによるオンライン会議(通話)をより簡素に実行できる機能だが、環境によって同アイコンが現れる・現れないことに戸惑いを覚えている。筆者の環境でMeet Nowアイコンが現れたのは、DevチャネルのWindows 10 Insider Previewと仮想環境で実行中のWindows 10 バージョン1909のみ。

当然ながらインジケーターに隠れているわけでもない。実行しているSkypeのバージョンが影響しているのか、と確認してみたが、先のWindows 10 Insider Previewも、Meet Nowアイコンが現れないWindows 10 バージョン20H2もSkypeを実行(常駐)している。Meet Nowアイコンの表示・非表示を切り替えるレジストリエントリーを作成しても結果は一緒だった。

Microsoftのオンライン会議ソリューションといえばMicrosoft Teamsだが、基本的にテナント(法人組織など)に名を連ねるユーザーの参加を想定している(ゲスト参加も可能)。対するSkypeは個人向けコミュニケーションツールという成り立ちもあって、コード(リンク)を知っていれば誰でもオンライン会議への参加が可能だ。

加えて会議は期限切れにならないため、自宅勤務でリモートワーク中でも気軽に同僚(参加者)に話しかけることも可能だろう。もっとも、業務情報の情報漏洩リスクを鑑みれば、本機能は友人や家族、恋人などと時間と空間を共有するプライベートコミュニケーションツールといえる。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る