旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

LINE Pay残高で支払い可能な「Visa LINE Pay プリペイドカード」が登場

2020年12月24日09時33分 / 提供:マイナビニュース

LINE Pay、三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの三社は12月22日、「LINE Pay」残高で支払い可能なバーチャルカード「Visa LINE Pay プリペイドカード」の発行を開始した。

「Visa LINE Pay プリペイドカード」は、Visa加盟店でのオンラインショッピングで利用可能なバーチャルカード。加えて、同カードを「Apple Pay」に設定すれば、全国のiD 加盟店にて、LINEアプリを起動することなく、端末にiPhoneやApple WatchをかざすだけでLINE Pay残高での支払いが可能に。いずれも、支払いと同時にLINEで利用通知を受け取ることができる。

同カードの発行手順は、まず、LINEアプリの「ウォレット」または LINE Payメインメニューにある「プリペイドカード」のアイコンをタップしたら、「Visa LINE Pay プリペイドカード」、「バーチャルカードを発行」、規約の内容を確認の上「同意します」の順にタップするだけ。Apple Payの設定も同様に、LINE PayのメインメニューからApple Payのアイコンをタップすることで設定できる。

国際ブランドはVisa。年会費・発行手数料は無料となっており、有効期限は5年。対象年齢に制限はないが、未成年者については、親権者など法定代理人の同意が必要となる。

なお、12月22日をもって、JCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」の新規発行、及びQUICPay+への新規登録は順次終了する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る