旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

福山雅治、『新解釈・三國志』舞台挨拶で安室透ファンに感謝…大泉洋「コナンの話!?」

2020年12月23日19時33分 / 提供:マイナビニュース

映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の大ヒット感謝舞台挨拶が23日に行われ、大泉洋、福山雅治(ビデオメッセージ)が登場した。

同作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏・呉・蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた『三国志』を、新解釈で描く歴史エンターテイメント作。大泉が「蜀」の武将・劉備玄徳を演じ、チーム蜀の諸葛亮孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努、チーム呉の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、チーム暴の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、チーム妻の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、チーム舞の趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、チーム魏の曹操を小栗旬、荀彧を磯村勇斗、夏侯惇を阿部進之介が演じる。

公開2週目で動員110万人、興行収入17.8億円を突破し、大ヒットとなっている同作の舞台挨拶に、1人で登場した大泉だったが、サプライズで主題歌「革命」を手掛けた福山からのメッセージ映像が流れた。

映像で福山が「ここまで大ヒットな映画の主題歌を担当させていただいたのは、『コナン』(『名探偵コナン ゼロの執行人』)以来でございます」と明かすと、大泉が「『コナン』やってんじゃねえか!」とつっこむ。福山はさらに「僕は『零 -ZERO-』という曲を書き下ろさせていただいたんですけど、日本全国のコナンファンの方々、安室(透)ファンの方々が頑張って頑張ってくれて、日本国内だと90億強、全世界での興行収入だと100億を超えた」と語り続け、大泉は「これ、『コナン』の話してません!? 先生、『コナン』の話長い!」と驚く。

最終的には、福山が「大泉さんを100億の男にすべく、さらなるロングヒットを期待しています」「年明けの100億ヒットと、紅白お疲れ様の会をしましょう。会えるといいけどね。会えなかったとしても何かしら連絡もします」とメッセージを送った。大泉は「あんなの(映像)もらってたんだ。あれだけの大きさで福山さんを見てると、すごい自分がちっぽけに思えますね」と感心。「ただちょっと『コナン』のコメントが長すぎましたね。何であんなに『コナン』の話必要だったのか」と苦笑し、「この映画が100億当たっても、私には対して入らないんですけどね」とぼやいていた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る