旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

テレワーク時のセキュリティを強化するサービスをSBTが提供開始

2020年12月23日13時21分 / 提供:マイナビニュース

SBテクノロジー(SBT)は12月23日、ゼロトラストセキュリティを実現し、リモート環境のレジリエンスを強化する3つの新サービス「セキュリティアセスメント 中長期ロードマップ作成サービス」「Microsoft Defender for Endpoint向けスレットハンティングサービス」「Microsoft Defender for Endpoint向けリモートフォレンジックサービス」の提供を開始した。

セキュリティアセスメント 中長期ロードマップ作成サービスは、同社がアセスメントを実施した複数のユーザーの声をもとにサービス化し、国内外で認知されているセキュリティフレームワークを用いた現状評価をベースにゼロトラストセキュリティを実現するためのロードマップを提示する。

具体的には、既存のセキュリティシステム環境構成の棚卸、情報セキュリティに関する方針やポリシーなど規定類の棚卸、現状のセキュリティレベル評価、アセスメント結果報告書の作成などを提供し、納品物はアセスメント結果報告書、中長期ロードマップ、作業完了報告書となり、参考価格は税別で300万円~。

また、Microsoft Defender for Endpoint向けスレットハンティングサービスは、侵入・潜伏している脅威をリモートで端末を横断して感染端末の洗い出しと現況調査を実施。調査台数は100台まで、対象OSはWindows Client、Windows Server、参考価格は税別で200万円~。

Microsoft Defender for Endpoint向けリモートフォレンジックサービスは、インシデントが発生した際の調査・分析をリモートで行うもので、端末をテレワーク環境に置いたまま早期復旧に向けた対応を進めることを可能としている。感染が疑われる端末におけるマルウエアや攻撃ツールなどの実態調査をを行い、調査台数は3台まで、対象OSはWindows 10、参考価格は税別で250万円~。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る