旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR九州、香椎線西戸崎~香椎間で自動列車運転装置を用いた実証運転

2020年12月22日15時11分 / 提供:マイナビニュース

JR九州は22日、香椎線西戸崎~香椎間にて、819系「DENCHA」1編成(2両編成)を使用し、運転士が乗務した状態の営業列車で、自動列車運転装置を用いた実証運転を行うと発表した。12月24日から開始し、上下各12本の列車で実施予定としている。

JR九州では、少子高齢化や人口減少が進む中でも鉄道ネットワークを長期的に維持し、将来にわたる労働人口減少の中でも必要な人材を確保するため、作業の自動化・機械化を推進している。その一環で、2017年から自動運転の検討を進めており、既存の技術であるATS-DKをベースに、自動列車運転装置の開発に取り組んできた。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る