旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

資産1億円以上の「富裕層」が過去最多132.7万世帯に - その要因は?

2020年12月22日09時10分 / 提供:マイナビニュース

野村総合研究所は12月21日、「富裕層アンケート調査」の結果を発表した。調査は10月~11月、全国2万社のオーナー経営者にアンケートを送付し、回収した有効回答1,520名のうち、本人と配偶者の保有する金融資産が1億円以上の305名を抽出し集計した。

預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた「純金融資産保有額」を基に、総世帯を5つの階層に分類し、各々の世帯数と資産保有額を推計したところ、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」が124.0万世帯、同5億円以上の「超富裕層」は8.7万世帯と、合わせて132.7万世帯という結果に。富裕層・超富裕層の世帯数はいずれも、安倍政権の経済政策(「アベノミクス」)が始まった後の2013年以降一貫して増加傾向となった。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る