旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

加藤清史郎、10年ぶりテレ朝連ドラレギュラー「僕でいいのでしょうか?」

2020年12月22日05時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の加藤清史郎が、来年1月23日にスタートするテレビ朝日系ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(毎週土曜 23:00~23:30)に出演することが22日、明らかになった。

女優の小芝風花が、数々のヒットヒューマンドラマを手がけてきた脚本家の橋部敦子氏と初タッグを組む同ドラマ。自分の殻に閉じこもってきた、清水萌子美(小芝)が自分らしく生きようする中、初めて“恋”という感情にも向き合っていく。その淡い恋の相手・岸田佑矢役を加藤が演じる。

加藤がテレビ朝日系の連続ドラマにレギュラー出演するのは、2011年のドラマ『11人もいる!』以来、10年ぶり。今回のオファーについて、「主人公から好意を寄せられる役なんて、僕でいいのでしょうか(笑)。初めての役柄にドキドキしていますが、萌子美の目に映る佑矢が素敵な青年に見えるよう頑張ります!」と意気込みを語っている。

加藤のコメントは以下の通り。

これまで、ドラマの中で誰かの恋愛対象になる役柄を演じたことがなかったので、今回のお話を最初に聞いたときは、「僕でいいのでしょうか?」と心配になりましたし、とてもドキドキしました。萌子美と佑矢の距離がどうやって近づいていくのかまだまだ未知の部分がありますが、新しい役を演じられることが楽しみです。ドラマの中でも萌子美と佑矢の恋愛が良いスパイスになると思うので、萌子美の目から見た佑矢がキラキラしてみえるよう、精一杯演じたいと思います!
小芝さんは元気な役を演じているときの、弾けたお芝居がとても印象に残っています。撮影は始まったばかりですが、一緒にお芝居ができることが楽しみです。いまの時代、『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』のような、見ていると心が優しくなれるドラマが必要な気がしています。萌子美と佑矢の関係を微笑ましく見守っていただきたいですし、佑矢が物語にどんな影響を与えていくのかにも注目していただけるとうれしいです!

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る