旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

レノボ、さまざまなツールと機能を統合したデータ管理ソリューション群

2020年12月21日13時42分 / 提供:マイナビニュース

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは12月21日、さまざまなツールと機能を統合したデータ管理ソリューション群を発表した。

今回レノボが発表したのは、ハイブリッドクラウド向けのデータ管理機能を提供する「Lenovo ThinkSystem DM Series Storage Manager OS」と、クラウドベースの管理機能に対応し、アナリティクスと予測AIガイダンスを向上した「ThinkSystem Intelligent Monitoring 2.0」のアップデート、そしてエンドツーエンドのNVMeをサポートした「ThinkSystem DM5100F All-Flash Storage Array」の提供だ。あらゆる規模の顧客企業を対象に、前モデル比でパフォーマンスを45%向上したという。

新製品の「Lenovo ThinkSystem DM5100F」は、高性能・低レイテンシのオールNVMeストレージを低価格帯で実現し、あらゆる規模の顧客企業はアナリティクスとAIの導入環境を強化しつつ、データアクセスを高速化できるという。

同シリーズは新たにS3 Objectをサポートし、次世代の統合型データ管理プラットフォームを構築可能。すべてのデータを単一のストレージ内で管理し、データアナリティクスの処理を高速化しつつ、コストを削減できるという。さらに、ハードドライブからクラウドまでのコールドデータの階層化機能を追加したり、データをクラウドに複製したりすることが可能で、データ管理の全体的なコストを削減できるという。

また、新製品の「Lenovo ThinkSystem DB720S Fibreチャネルスイッチ」は、32Gbpsと64Gbpsのストレージネットワーキングを通じ、前世代に比べて高速化と50%のレイテンシ削減を実現したということだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る