旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

焦点工房、1万円のミラーレス向け単焦点レンズ「銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C」

2020年12月21日13時23分 / 提供:マイナビニュース

焦点工房は12月21日、APS-Cサイズまでのセンサーに対応するミラーレスカメラ向け交換レンズ「銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C」を発売した。5種類のマウントで使用でき、価格は10,000円(税別)。

ソニーEマウント、富士フイルムXマウント、マイクロフォーサーズ、キヤノンEF-Mマウント、ニコンZマウントに対応するマニュアルフォーカスレンズ。コンパクトな外観ながら大口径F1.4を実現し、ゾナータイプのレンズ構成と10枚の絞り羽根で美しいボケを表現可能。金属鏡筒による重厚感やピントリングの滑らかさ、絞りリングのクリック感を備えることで、使うほどに持つ喜びを感じさせるという。

レンズ構成は6群7枚。絞り羽根は10枚で、絞りはF1.4~F16。最短撮影距離は0.28m。本体サイズは56×50mm(最大径×長さ)、フィルター径は39mm、重さは約180g。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る