旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『機界戦隊ゼンカイジャー』新戦隊は1人の人間と4人のロボが主役、歴代戦隊がモチーフに

2020年12月21日05時00分 / 提供:マイナビニュース

2021年3月7日にスタートするスーパー戦隊45作記念作にしてシリーズ最新作が21日、発表された。その名も、『機界戦隊ゼンカイジャー』。1人の"人間"ヒーローと4人の"ロボ"ヒーローが主役というこれまでにない斬新さと"これぞスーパー戦隊!"という世界観をあわせもつ作品になるという。

『機界戦隊ゼンカイジャー』は、この世にたくさん存在する"並行世界"をすべて消し去ってしまおうとする敵に"全力全開"で立ち向かっていくヒーローたちの活躍を描く物語。とてつもなく巨大な魔の手が、主人公が住む世界にも忍び寄ってきたその時、正義の心をもって立ち上がるのが1人のヒーロー・ゼンカイザーだ。そして彼とともに戦う4人の仲間は、なんと"機械生命体"……いわゆるロボット。そう、本作は1人の"人間"ヒーローと4人の"ロボ"ヒーローが主役というこれまでにない斬新なスーパー戦隊なのだ。

しかも、この5人のビジュアルは歴代スーパー戦隊がモチーフになっているなど、ファンにはたまらない魅力がたっぷり詰まった作品となっている。

最初にこの世界を悪から守るため立ち上がるゼンカイザーは、『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~1977年)のアカレンジャーをモチーフにしたヒーロー。そして彼とともに敵に立ち向かうことになる4人のロボヒーローにもベースとなる歴代スーパー戦隊が……!

ゼンカイジュランは『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992~1993年)に登場した大獣神がベース。ゼンカイガオーンは『百獣戦隊ガオレンジャー』(2001~2002年)の精霊の王・ガオキング、ゼンカイマジーヌは『魔法戦隊マジレンジャー』(2005~2006年)の魔神の王・マジキング、そしてゼンカイブルーンは『轟轟戦隊ボウケンジャー』(2006~2007年)の巨大ロボ・ダイボウケンをベースにしている。歴代スーパー戦隊から選りすぐられた"全力全開"のロボパワーを結集したヒーローが誕生する。

本作の見どころのひとつとなるのは、"機械生命体"であるロボヒーローの巨大化! なんとロボヒーローは人間サイズの敵には等身大で戦い、巨大な敵にはそのまま巨大化して、巨大ロボとなって戦う。ヒーローがメカに乗って戦うという、スーパー戦隊の約束ごとをポジティブに裏切り、ロボヒーローがそのまま巨大戦でも大活躍! 最初から最後までロボットが出ずっぱりという、これまでにない斬新なスーパー戦隊に注目だ。

スーパー戦隊といえば、気になるのは使用するアイテム。「ゼンカイジャー」の超重要アイテムとなるのがギアトリンガー。地上戦における変身や攻撃、さらに巨大戦でも活躍する必須アイテムです。また、このギアトリンガーと合わせて使用するセンタイギアは、スーパー戦隊の力を凝縮したアイテム。これらのアイテムが、戦いでどんな効果を発揮するのだろうか。

2021年3月7日のテレビ放送スタートに先駆け、2月20日に『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE』を公開。『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』と題し、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』との豪華3本立てで公開することも決定した。テレビの放送よりもひと足先に、映画で『機界戦隊ゼンカイジャー』の戦いを目撃し、その世界観に浸りたいところ。

さらに、キャストや声優など気になる情報は2021年1月15日に行われる制作発表記者会見で発表予定。
○スタッフ

(プロデューサー)井上千尋(テレビ朝日)、白倉伸一郎(東映)、武部直美(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー
(原作)八手三郎
(Special Thanks)石ノ森章太郎
(脚本)香村純子ほか
(監督)中澤祥次郎 ほか
(アクション監督)福沢博文
(特撮監督)佛田洋(特撮研究所)

スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日東映AG・東映

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る