旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「生きる」「誠」…『35歳の少女』話題の竜星涼Tシャツプレゼント

2020年12月09日15時00分 / 提供:マイナビニュース

日本テレビ系ドラマ『35歳の少女』(12日22:00~最終回)では、竜星涼演じる達也が着ている個性的なTシャツを、視聴者プレゼントする。

柴咲コウ演じる主人公・望美の父・進次(田中哲司)の再婚相手・加奈(富田靖子)の連れ子である達也は、25歳にして引きこもり。ときに暴力をふるうこともあり、進次も加奈もおびえて彼とまともに向き合うことができずにいた。

前回放送の第9話放送で、ついに進次が現在の家族関係を何とかしようと達也の部屋に突入。初めて親子として正面からぶつかりあった2人だが、激しい格闘の末、部屋を出た達也は、両親と共に数年ぶりに家族で食卓を囲み、再生への一歩を踏み出した。この時、達也が着ていたTシャツは「生きる」。

これまでも毎話、達也が着ているTシャツにはインパクト大のメッセージが刻まれてきた。“引きこもり”“家庭内暴力”というネガティブイメージと裏腹に、そのTシャツの胸にこれまで書かれていたのは、「絆」「誠」「感謝」「HELP ME」「一発逆転」「愛」「逆転」「真実」「DREAM」と、ポジティブなワードや、心の声かと思われるような言葉ばかりだった

このTシャツは、その話のテーマや達也のおかれている状況を考えて、まずは助監督がいくつか候補を考え、それを監督に提案。監督が決めたものを、プロデューサー、脚本家に相談して決定してきた。

そんな達也のTシャツ6種類が、各1人にプレゼントすることが決定。番組公式Twitterをフォローし、12日朝に同アカウントが投稿する「達也Tシャツ プレゼント企画」ツイートをRTすると応募完了となる。締切は12日22時まで。

さらに、望美が大切にしている亀のぬいぐるみ・デデもプレゼント。こちらも番組公式Twitterのフォローと「デデ プレゼント企画」ツイートのRTで応募できる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る