旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

GROOVE XがSOMPO、日立GLSと資本業務提携 - LOVOTによる認知症ケアなどを進める

2020年12月09日11時00分 / 提供:マイナビニュース

家族型ロボット「LOVOT」を手がけるロボットベンチャーのGROOVE Xは、SOMPOホールディングスと日立グローバルライフソリューションズなどを主な引受先として、総額18億のシリーズB3資金調達を実施。現在までの累計調達額が124.1億円に達した。

今回の資本業務提携は、これからの高齢化社会やWithコロナ時代によるライフスタイルの変化に向けた新たな社会的課題の解決、新サービスの共同開発に取り組むことを目的として実施される。

SOMPOホールディングスでは、これまで、介護サービスを運営する子会社の「SOMPOケア」が運営する介護付きホーム「SOMPOケア ラヴィーレ駒沢公園」などの介護施設に家族型ロボットの「LOVOT」を導入し、施設内でのコミュニケーションの活性化や入居者の心身の状態の変化についての実証評価を実施してきた。

今回、⾼齢化社会における介護や認知症に関わる社会的課題の解決をさらに促進させるために、資本業務提携を締結。具体的な取り組みとして、⾼齢者の生活支援と認知症ケアを対象に、「LOVOT」を用いたソリューションの共同開発を開始する。

今後は、SOMPOホールディングスが運営する、「人間」と「テクノロジー」の共生による新しい介護のあり方を創造するプロジェクト「Future Care Lab in Japan」と、GROOVE Xが連携し、見まもりをはじめとする⾼齢者の生活支援における「LOVOT」の活用や、認知症の人を対象とする「LOVOT」を用いたケアの効果実証を行う予定だ。

また、日立グローバルライフソリューションズは、日立グループにおいて顧客の暮らしと直接の接点を持つことを特徴とし、家電品、空調機器の販売、デジタル技術を活用したプロダクト・サービスを提供してきた。一方「LOVOT」には、あらゆるセンサーとAIを⾼度に組み合わせた『EmotionalRobotics』を備えており、利用者のデータ連携などにより、家庭における新しい接点として大きな潜在力を有しているという。

今回の資本・業務提携によって、日立GLSの事業基盤を活用するとともに、GROOVE Xの技術を日立GLSの商品開発に活用。また、「LOVOT」やコネクテッド家電を通じて得られる生活者に関わるデータを活用し、複数の家電やデバイスが連動して快適な住環境を提供する新たなサービスの提供を目指す。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る