旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

メルカリ、売れた後の梱包~発送をお任せできる「あとよろメルカリ便」

2020年12月07日15時06分 / 提供:マイナビニュース

メルカリは、売れる前の商品の保管と、売れたあとの梱包・発送を代行する配送サービス「あとよろメルカリ便」を発表した。同サービスは2020年12月8日から、メルカリiOSアプリの機能として開始される(Androidアプリは開発中)。

ユーザーがメルカリに出品した商品を提携倉庫に発送すると、商品が売れるまでの商品の保管、および売れたあとの梱包・発送作業を提携業者(オープンロジ)が代行する。2020年2月から試験運用を進めていたもので、このたび正式にサービス開始となった。

商品は最大30点まで登録可能。メルカリアプリ上から、ヤマト運輸の集荷サービスを利用して倉庫に商品を送付する。複数の物品を登録した場合でも、1つの荷物にまとめることが条件。集荷依頼~発送中の登録商品は自動で公開停止となり、倉庫へ到着する前に売れてしまうのを防ぐ。

その後、倉庫から預けた物の確認写真が届くため、それが登録商品と合っているか確認して紐付け作業を行うと、再出品が完了。倉庫では各ユーザーの商品を最大2カ月保管し、商品が売れると倉庫スタッフが梱包し、適切な配送方法で購入者に発送を行う。売れなかった場合は返却され、配送料はユーザー負担(税込980円/箱)となる。

このサービスを使った場合に発生する料金は、「売れた商品を送る際の梱包・配送料」、「(2カ月経過した後に)売れ残った物品の返却配送料」の2点。自宅から倉庫への送料および倉庫の保管料は無料(メルカリ負担)。前者は倉庫で商品の大きさを計測した後に確定する。利用にあたっては、あとよろメルカリ便のWebページを参照のこと。

メルカリの調査によれば、出品意向はあるが利用に至っていないメルカリの潜在顧客は3,610万人にのぼっている。あとよろメルカリ便は、こうした潜在顧客と既存ユーザーへの利便のために開始する。試験運用では、「倉庫に預けられるので部屋が片付いた」、「すぐに発送できず、出品を諦めていたので便利」といった反響があったとのことだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る