旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「ウルトラマンゼロ」が600mm超え×重量約17kgでこだわり抜いた匠造形のスタチューに

2020年11月30日18時17分 / 提供:マイナビニュース

バンダイスピリッツが新たに展開する、圧倒的な存在感と高級感を演出する彩色済みスタチューブランド「魂之工房」の第一弾として、「ウルトラマン」シリーズの人気キャラクター「ウルトラマンゼロ」が立体化。「魂之工房(TAMASHII STUDIO PREMIUM)ウルトラマンゼロ -10年の軌跡-」(132,000円/税込)として、プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。

2009年に公開された『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に初登場したゼロは、『ウルトラマンゼロ』と題したテレビシリーズの放送はないものの、劇場版やテレビシリーズなど多くの作品で活躍し、ファンからの人気が高いウルトラヒーロー。ウルトラセブンの息子であり、悪のウルトラマン・ウルトラマンベリアルと再三にわたって激闘を繰り広げる。ウルトラマンキング、ウルトラマンレオ・アストラ兄弟の下で修行し、成長。ベリアルとの戦いの中で出会った仲間たちと「ウルティメイトフォースゼロ」を結成し、また地球人との交流のなかでも様々な経験を積んだ。放送中のウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンZ』では、新ヒーロー・ウルトラマンゼットの"師匠"として登場している。

「魂之工房」は、キャラクターの世界観を切り取った造形、陰影を生み出す彩色表現、ポリストーン素材による重量感で再現したスタチュー。円谷プロダクション造形部門LSS監修協力のもと、密度ある造形で、600mmを超える迫力のウルトラマンゼロが再現されている。重量は約17kg予定(パッケージを含む)。LEDギミックを内蔵し、目、頭部のビームランプ、カラータイマー、ウルティメイトブレスレットが発光する。また、『ウルトラゼロファイト』登場時をイメージした布製のポンチョが付属。さらに、ディスプレイベースとなる岩場に配置できるピグモンも付属する。

セット内容はウルトラマンゼロ本体に加え、専用台座、ピグモン、小岩、ポンチョ、シリアルカード。

(C)円谷プロ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る