旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

南海電鉄・泉北高速鉄道の年末年始ダイヤ、大晦日の終夜運転なし

2020年11月28日15時23分 / 提供:マイナビニュース

南海電気鉄道泉北高速鉄道は27日、年末年始の運行ダイヤについて発表した。両社とも今年度は大みそかの終夜運転を実施しない。南海線のみ、難波~住ノ江羽倉崎間で最終列車の発車時刻を通常より延長して運転する。

昨年度まで、南海電鉄南海線(難波~住ノ江羽倉崎間)・高野線(難波~河内長野北野田間)で大みそかの終夜運転を実施。泉北高速鉄道中百舌鳥和泉中央間で終夜運転を行っていた。

南海電鉄は今年度、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤで運転し、大みそかは南海線で最終列車の時刻を延長して運転。下りは難波駅2時0分発の羽倉崎行、上りは羽倉崎駅1時58分発の難波行まで普通を設定し、上下線とも難波~住ノ江間で約15~20分間隔、住ノ江羽倉崎間で約20~50分間隔で運転する。高野線は大みそかの終夜運転を行わず、最終列車の時刻延長も実施しない。

南海線では、正月三が日住吉大社駅への臨時停車を実施。1月1~3日の3日間、10時から16時20分頃にかけて、空港急行・区間急行(下り26本・上り25本、合計51本)が住吉大社駅に臨時停車する。

泉北高速鉄道も今年度、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤとし、大みそかも通常の土休日ダイヤで運転。終夜運転は行わず、最終列車の時刻延長も実施しないと発表している。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る