旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

iPhone基本の「き」 第426回 iOS 14の新機能 - リマインダーが便利になるウィジェットと効率化機能

2020年11月28日11時00分 / 提供:マイナビニュース

仕事の生産性を高めるためには、タスク管理が第一歩。それがなかなか面倒で続かなくて…という方にぜひ活用してほしい機能が、iOS 14で追加されました。効率的なタスク管理に役立てましょう。
○<1>「ウィジェット」でホーム画面にリストが常駐

せっかくリマインダーを作成しても、その存在を忘れてしまっては意味がありません。iOS 14で追加された「ウィジェット」を使えば、ホーム画面にリストを常駐させることができます。

ウィジェットに常駐させるリストは変更することができます。

これでいつでもホーム画面からリマインダーを確認でき流ようになりました。ウィジェット上から手早くリストを開き、実行済みにすることができます。
○<2>メールアプリによるリマインダーの提案で効率化

タスクの内容や期日に関するやりとりをメールで行うことはよくありますね。iOS 14では、そんなメールの内容からSiriがリマインダーの作成を提案する機能が追加されています。おそらく、カレンダーのイベント検出と同様のスタイルになると思われます。

ただ、残念ながらこれに合致する動作がリマインダーで再現できませんでした。そんな時は手動でリマインダーを作成しましょう。

この方法はメッセージやメモに記載された日時からも利用できます。

○<3>日付・時刻選択が効率化

リマインダーの期限を設定する際の日時選択ツールが一新され、視覚的に選びやすく、先の日付へも移動しやすくなりました。

○<4>まとめて編集で効率化

複数のタスクをまとめて実行済みにしたり、予定変更で期限を設定しなおすなど、まとめて編集ができるようになりました。

○<5>絵文字でリストをカスタマイズ

リマインダーをカテゴリ別に整理できる「リスト」のビジュアルを、より多彩にカスタマイズできるようになりました。情報をわかりやすく整理することも効率化に役立ちます。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る