旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

LG、55V型で約30万円の「手の届く8Kテレビ」。最新ゲーム機対応

2020年11月26日12時08分 / 提供:マイナビニュース

LGエレクトロニクス・ジャパンは、8Kチューナーを搭載し、HDMI 2.1にも対応する8K液晶テレビ「55NANO95JNA」を2021年1月より順次発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格(税別)は30万円前後を見込む。

広視野角で高い色彩表現を可能とするIPS液晶パネルに、独自開発の「ナノテクノロジー」を搭載した8K/7,680×4,320ドットのNanoCellパネルを採用。8Kチューナー内蔵の液晶テレビとしては最小サイズとなる55V型で、サイズ・価格ともに「手の届く8Kテレビ」として訴求する。

HDMI 2.1に準拠し、「2020年発売の最新ゲーム機も快適にプレイが可能」としている。コンテンツに応じて画質優先/低レイテンシー優先を自動的に切り替えるALLMや、マルチチャンネルのリニアPCM信号とロスレスオーディオ、オブジェクトオーディオの伝送も可能なeARCをサポート。また、ゲーム用HDR規格のHGiGにも対応する。

映像エンジンには、人工知能を統合させて高画質を追求した「α9 Gen3 AI Processor 8K」を採用。AIが映像を解析し、ノイズを除去することでクリアで鮮明に映し出せるとする。また、2K/4Kの映像を8K水準の画質へとアップスケーリングする機能を備えている。

「Cinema HDR」を搭載し、さまざまなHDR映像のポテンシャルを引き出せるとする。HDR方式は、HDR10、HLGに加えて、周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調整できるDolby Vision IQをサポートする。ほかにも、映画やテレビ番組など制作者の意図通りの映像を視聴できる「FILMMAKER MODE」や、2倍速相当の表示を行う「TruMotion 120」といった高画質機能を備えている。

サウンド面では、Dolby Atmosに対応。また、AIを活用してユーザーが見ている映像のジャンルを分析し、ドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5ジャンルに合わせてバーチャル5.1chサウンドに変換する「AIサウンドプロ」機能を搭載。地上波放送もバーチャル5.1chで楽しめるという。

BS8Kチューナーを1基、BS4K/110度CS4Kチューナーを2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを3基搭載。別売のUSB HDDをつないで番組録画が可能で、裏録画機能やくりかえし録画機能も備えている。

HDMI入力は4系統で、48Gbpsの帯域幅をサポート。4K映像入力は最大3840×2160p/60Hzと最大4096×2160p/60Hzをサポートし、8K/60p映像の入力も可能。eARC対応はHDMI2のみ。

NetflixやHulu、Amazon Prime Video、DAZN、YouTubeといった映像配信サービスが利用できる。LG独自のAI「ThinQ AI」も搭載し、テレビに向かって「Hi, LG!」と話しかけると、LG独自のAI「ThinQ AI」が起動。テレビの電源オン/オフやチャンネル変更、音量調節などの操作が行える。GoogleアシスタントとAmazon Alexaによる音声操作にも対応する。

消費電力は250W。年間消費電力量は219kWh/年。スタンドを含む本体サイズは123.5×28.7×77.5cm(幅×奥行き×高さ)、重さは20.8kg。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る