旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『教場』年末に前作2夜連続G帯放送 『II』に“198期”も出演へ

2020年11月26日06時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優・歌手の木村拓哉主演で今年の正月に放送されたフジテレビ系スペシャルドラマ『教場』が、12月29日・30日(21:00~)に“SP編集版”として2夜連続で放送されることが決まった。

木村演じる冷酷無比で“最恐”の教官・風間が教壇に立つ教場(警察学校教室)、通称“風間教場”に集う198期の生徒役として、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といったキャストが集結。警察ドラマの新境地を切り開くエンタテインメント大作として話題を呼び、2夜連続で個人全体視聴率9.9%(世帯視聴率:4日15.3%、5日15.0%、ビデオリサーチ調べ・関東地区)を獲得した。

来年1月3日・4日(21:00~)には、続編の『教場II』の放送が決まっているが、ここに前作に登場した198期の生徒たちが出演することが決まった。出演するのは、工藤、川口、葵、富田、味方、村井、大島、三浦。キャストの中には198期として無事に卒業できた者と、途中退校となった者がいるが、彼らは一体どのような形で出演するのか…。

そして、『教場II』のポスタービジュアルも完成。冷徹で“最恐”の教官・風間の鋭いまなざしと義眼、見るものすべてを見透かしているようなそのまなざしには、恐怖すら感じ、作品の迫力・スケールの大きさが伝わってくる仕上がりとなっている。

渡辺恒也プロデューサーは「『教場II』ではなんと、198期・199期・200期と、3期にまたがって風間教場の教え子たちが登場することになりました。198期の生徒たちがどのような登場の仕方になるかは、ネタバレになるので言えませんが、今作のテーマに深く関わる大事なシーンであることは間違いありません! 新春のオンエアをお楽しみに! また、『教場II』のポスタービジュアルも完成しました。前作のポスタービジュアルを踏襲しつつも、風間の“全てを見抜く眼光の鋭さ”をより強調したビジュアルになっています。街やHP上で見かけた際には、ぜひ“見抜かれて”いただきたいと思います!」と話している。

(C)フジテレビ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る