旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

AI活用のカメラ画像から路面状態をリアルタイムに判別する実証実験

2020年11月24日12時14分 / 提供:マイナビニュース

Spectee(スペクティ)と日本気象協会および福井県の3者は11月24日、道路に設置されたカメラより得られた画像から、AIにより路面状態をリアルタイムに判別する実証実験を2020年12月~2021年8月にかけて実施すると発表した。

降雪や気温低下に伴う積雪路面や凍結路面の発生は、車両の事故やスタックを引き起こす誘因であり、道路管理において大きな課題だ。福井県では平成30年2月豪雪において、立ち往生車の発生により、国道8号に約1500台の車両が長時間にわたり滞留し、県民生活に支障をもたらしたという。このような背景の下、日本気象協会とスペクティは2019年からカメラ映像に着目し、最新のAI技術を駆使した冬季の各種防災情報の取得とリアルタイム提供サービスの開発を共同で進めている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る