旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

MSI、第11世代Intel Coreと英語キーボードを搭載した15.6型ノートPC

2020年11月20日15時30分 / 提供:マイナビニュース

エムエスアイコンピュータージャパンは11月20日、第11世代Intel Coreプロセッサを搭載し、ビジネスユーザー向けのデザインを採用したノートPC「Summit」シリーズの新製品として、15.6型4K液晶と32GBメモリ、英語配列キーボードを搭載した「Summit-E15-A11SCS-243JP」を発表した。12月3日から発売する。価格は230,000円前後(税込)。

CPUに第11世代 Intel Core i7、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザインを搭載したビジネス向けのノートPC。

メモリは32GB、ストレージは1TB M.2 NVMe SSDを標準搭載するほか、ディスプレイはAdobe RGB相当の広色域を持つ15.6型の4K液晶パネルを採用するなど、マルチタスクや動画・画像編集などのクリエイティブ作業にも対応する。

キーボードは英語配列キーボードを採用し、シンプルなキー構成による効率的なタイピングが可能だとしている。

本体にはマイク内蔵WebカメラやWi-Fi 6を標準搭載するほか、Windows Hello対応の指紋・顔認証機能やセキュリティチップ「TMP2.0」を搭載する。

主なスペックは、CPUがIntel Core i7-1185G7、メモリが32GB DDR4(16GB×2)、ストレージが1TB SSD M.2 NVMe、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザイン、ディスプレイが15.6型 4K液晶(3,840×2,160ドット、ノングレア)、OSがWindows 10 Proなど。

ネットワークはIntel Wi-Fi 6 AX201(IEEE802.11 a / b / g / n / ac / ax)+Bluetooth 5.1。インタフェースはThunderbolt 4 Type-C(USB4、USB PD対応)×2、USB 3.2 Gen2 Type-A×2、HDMI×1、ヘッドホン出力(Hi-Res対応) / マイク入力 コンボジャック×1など。microSDカードリーダー、92万画素Webカメラ、指紋センサーも搭載する。

バッテリ駆動時間は約16時間。本体サイズはW356.8×D233.7×H16.9mm、重さは約1.65kg。本体カラーはインクブラック。2年間の国内保証が付帯する。この構成で価格は価格は230,000円前後(税込)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る