旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

宮澤エマ、大河ドラマ初出演に喜び「一番喜んでくれているのは亡き祖父母」

2020年11月18日15時21分 / 提供:マイナビニュース

女優の宮澤エマが、2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に北条義時の妹・阿波局役で出演することが18日、明らかになった。大河ドラマ初出演となり、「私が子どものころ、毎週日曜日に祖父母の家に行くと 7時のニュース、『ダーウィンが来た』そして大河ドラマという流れの中でよく食卓を囲んでいました。今回大河ドラマに出演させていただけることを一番喜んでくれているのは亡き祖父母ではないかと思います」とコメントしている。

俳優の小栗旬が主演、三谷幸喜氏が脚本を手掛ける『鎌倉殿の13人』は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、二代執権・北条義時の物語。華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座を巡る男たち女たちの駆け引きを描く。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る