旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

IoT活用した「サブスクリプションビジネス支援ソリューション」

2020年11月16日16時54分 / 提供:マイナビニュース

日立ソリューションズは11月16日、「モノ」から「コト」へとビジネス変革を進める企業に向けて、「サブスクリプションビジネス支援ソリューション」を同17日から販売開始すると発表した。価格は個別見積もり。

新ソリューションは、サービタイゼーションやシェアリングなどのビジネスモデルにおける事業戦略立案のコンサルテーションと、企業のサービス運営業務を支援するサブスクリプションプラットフォームサービスを提供し、顧客・契約情報管理、課金・請求管理など、マネタイズを支援するクラウドサービス。また、IoTデータを活用し、モノの在庫・利用管理も可能としている。

コンサルテーションは、サブスクリプションビジネスにおいて、長期継続取引を実現するビジネス設計の支援や既存のビジネス(モノ売り)を変えずに、新たなビジネス(コト売り)へシフトするアプローチを支援。

サブスクリプションプラットフォームサービスは、顧客・契約情報から課金・請求管理に加え、債権管理までの管理、多様な課金体系に対応したキャンペーンなど特別な料金体系もパラメタ設定だけで可能なほか、IoTの活用で顧客のサービスで提供するモノの在庫、稼働状況、利用時間などの管理ができる。

さらに、APIの提供により他システムとの連携をスムーズに実現するとともに、クラウドサービスによる提供で初期導入費用を低減し、月額で提供する。なお、今年度中には、顧客への価値提供を支援するカスタマーサクセス支援サービスの提供を予定している。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る