旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

蒸気で汚れを落とす、シャーク初のハンディ・スチームクリーナー

2020年11月14日15時18分 / 提供:マイナビニュース

シャークは11月13日、同社初となるハンディタイプのスチームクリーナー「Shark ハンディスチームクリーナー SA1001J」を発表した。12月中旬の発売予定で、価格はオープン、推定市場価格は11,000円前後(税別)。カラーはホワイト×ブルー。

SA1001Jは、約30秒で蒸気が出るというすばやい立ち上げが特徴のスチームクリーナー。100℃を超える高温スチームによって、台所のコンロや換気扇、シンクなど、普段の掃除機はなかなか取れない汚れを取り除く。シャークはこれまでも、スティックタイプで床掃除ができるスチームクリーナーは販売していたが、ハンディ専用タイプはSA1001Jが初めてとなる。

製品には、細かな場所を直接洗浄できる「付属ホース」、付属ホースと組み合わせて広い面や手の届きにくい狭い場所まで掃除できる「小型ポケットツール」、衣類やカーテンのシワ取りやクッション表面の除菌など、ファブリックのケアが手軽にできる「衣類用スチーマー」という3つのアクセサリーを同梱

本体サイズは幅131×奥行181×高さ292mm、重さは約1.55kg。消費電力は1,200Wで連続使用時間は最大15分。小型ポケットツール、パッド、付属ホース、衣類用スチーマー、注水容器が付属する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る