旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

心臓移植の待機患者を追った密着Dの使命感 “無関心”打破へ「メディアも注目しなければ」

2020年11月15日14時54分 / 提供:マイナビニュース

●「魔法のような医療」と感動
フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、心臓移植を待つ2組の夫婦とその家族を追った『私、生きてもいいですか ~心臓移植を待つ夫婦の1000日~』の前編が、15日に放送された。

登場したのは、心臓が肥大し、血液を送り出す心臓のポンプ機能が低下してしまう原因不明の難病「拡張型心筋症」と闘う容子さん(取材開始当時51)とクマさん(同41)。悪化すれば心臓移植しか助かる道はないが、2人は体に補助人工心臓(VAD)を埋め込み、いつ来るか分からない移植を何年も待ち続けている。

密着したのは、『ザ・ノンフィクション』で放送された“平成の駆け込み寺”の熱血和尚への密着ドキュメンタリーで「ニューヨークフェスティバル」「日本民間放送連盟賞」「ATP賞」など国内外の賞を受賞した八木里美ディレクター(バンエイト)。今回の番組には、多くの人が臓器移植に対して“無関心”になっている現状を打破したいという使命感で取り組んだという――。

○■臓器提供の待機期間が長期化

八木Dが最初に心臓移植の取材をしたのは14年前、フジテレビ夕方のニュース番組『スーパーニュース』の企画だった。

「当時の補助人工心臓は、本当に大きな冷蔵庫みたいなものにケーブルをつないで、その状態でずっと病院の中で移植を待っている方を取材したんです。その方は移植ができて、今もお元気にされているんですが、こんな魔法のような医療があるんだと感動して、自分がもし脳死になったらぜひぜひ臓器提供したいと思ったくらいでした」と振り返る。

それから年月が経ち、厚生労働省の審議会で臓器移植の委員を務めるなど、長年にわたってこの問題に取り組むフジの木幡美子CSR推進部長が今回の番組を企画し、取材経験のある八木Dに白羽の矢が立った。

久しぶりに心臓移植について調べてみると、「VADが小さくなり、体の中に埋め込められるようになって、あんなに大変だった生活が外に出られるようにもなって。患者の皆さんが本当に元気そうにされていて、すばらしいなと思ったんです」と医療技術の進化を実感。その反面で、臓器提供の待機期間が長期化しているという現状を知った。

「14年前は3年くらいで移植の順番が回ってきていたんですが、取材を始めた3年前に容子さんは4~5年と言われていたんです。今はもっとかかって6~8年と、本当に長いこと待たなければいけない状況になっています。そんな状況でも、メディアはすっかり臓器移植のことを報道しなくなっていたので、これはまた取材しなきゃいけないと思いました」

心臓移植は年間50~80例程度行われているが、それに対し、移植を待つのは886人(20年10月末時点)。待機中に多くの患者が、移植までたどり着けずに亡くなってしまうそうだ。
○■本当に勇気ある取材対象者

こうした現状を伝える決意をしたものの、臓器移植を待つ人たちが取材を受けてくれる例は、非常に少ないのだという。

その理由は「日本ではまだ『他人の心臓をもらってまで生きなきゃいけないのか』といった遅れた見方があるみたいなんです。後ろ指を指されるような気持ちがして職場にも言えず、隠して生きてらっしゃる方がたくさんいると聞きました」とのこと。

そんな中、今回密着した容子さんとクマさんは、顔出しで取材を受け、テレビで見せたくないような、おなかの刺入部(=VADのケーブルが皮膚を貫通する部分)の消毒作業や、家族との関係性までさらけ出してくれた。

“自分は人が亡くなるのを待っているのか? 人の心臓をもらって生きる価値が自分にあるのか?”と葛藤することもあったそうだが、移植について勉強し、啓発のイベントを自ら企画するバイタリティがあり、「本当に勇気のあるお2人で、なおかつ明るく前向きに病気と闘っている方だったので、稀有(けう)な取材対象だったと思います。こういったドキュメンタリーは、あまりジメジメしていると共感を得づらい部分があるので、本当に助けられました」と感謝する。

コロナ禍も影響…今放送する意義

今回は『心臓移植を待つ夫婦の1000日』というサブタイトルを付けた通り、患者を支える家族たちの苦悩も描かれている。その姿を間近で見て、「この病気は本当に家族の負担が重いんです」と力説。例えば、VADを入れて退院するには、機械の取り扱いや緊急時対応などの講習を受け、認められた「介助者」が、常に一緒にいないといけないのだ。

「日本はいろいろルールが厳しくて、あまりにも家族へ負担がかかるため、支えきれなくなって離婚されてしまうご夫婦もいるんです。もともと夫婦間で抱えていた問題が、病気や介助者の問題をきっかけに一気に表に出てきて、家族と一緒に暮らせなくなってしまったり、関係がうまくいかなくなってしまったりしたケースを、私もよく見てきました」

臓器提供の待機期間の長期化に追い打ちをかけるように、新型コロナウイルスの流行も移植の減少に影響しているという。だからこそ、この番組を今放送する意義は大きい。

「移植医療というのは、もちろん『提供しない』という意思表示も含め、国民一人ひとりが参加できて、本気で取り組めば助かる人がすごく多くなるという珍しい医療なんです。アメリカや韓国は、国をあげて移植医療に取り組んできた結果、ものすごく数を伸ばしているのですが、日本は臓器移植法が成立した当初に賛否両論が巻き起こり、なんとなく『移植賛成』と言えないような雰囲気ができてしまい、それから今度は無関心になってしまった。この無関心こそ、一番どうしようもないことなので、今こそこの番組を放送して、メディアも注目しなければいけないのではないかという思いがあります」

○■「サンサーラ」がいつにも増してシンクロ

15日に放送された前編の最後では、VADの機械を入れ替える交換手術を行ったクマさんが、術後3日たっても意識が戻らないという姿が映し出された。22日放送の後編では、その後のクマさんの状況や、改めてVADを付けて生活することの大変さが紹介されるが、「それでも希望を持って進んでいく人たちを描いています」と予告。

また、笑顔が絶えない明るく前向きな容子さんも、移植が近づくにつれて心境の変化が。家族の関係性も変わっていくことで、前編では見せなかった表情をカメラがとらえており、「あんなに精神的に強い容子さんでさえ、ああなってしまうというのは、それだけ重みのある医療なんですよね。ぜひ、彼女がどう変わるのかというのを見ていただきたいと思います」と注目点を明かした。

そして今回はいつにも増して、『ザ・ノンフィクション』のテーマ曲「サンサーラ」の“生きてる 生きている”という歌詞が、映像と見事にシンクロして沁(し)みるエンディングに。

八木Dは「最近、自殺の件数が多くなっているという報道もありますが、“生きる”とは何か、“家族”とは何だろうとか、いろんなメッセージが詰まっています。ぜひご家族や大切な人と一緒に見ていただければと思います」と呼びかけている。

●八木里美1977年生まれ、東京都出身。学習院大学卒業後、青森朝日放送でニュースキャスター・記者・ディレクターとして取材現場に従事し、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』を経て、04年にバンエイト入社。フジテレビ報道局で『スーパーニュース』を担当し、11年からは制作部でドキュメンタリー番組などを制作。『ザ・ノンフィクション』では、『愛はみえる~全盲夫婦の“たからもの”~』『わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年』『“熱血和尚”シリーズ』などを担当。現在はほかにも、『フューチャーランナーズ~17の未来~』で総合演出を務める。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る