旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ドコモ、自律飛行型ドローン「Skydio 2」を国内で提供開始

2020年11月14日10時50分 / 提供:マイナビニュース

NTTドコモは11月13日、米Skydioと連携して同社の自律飛行型ドローンである「Skydio 2」を国内で提供開始した。なお、同社の自律飛行型ドローンである「Skydio X2」及び「Skydio Dock」についても、国内で順次提供予定としている。

Skydio 2は、AI(人工知能)による自律飛行技術や障害物回避技術を搭載し、従来は飛行が難しかった場所でも安全な飛行が可能という。そのため、これまで課題だったパイロットの操作技術の習得が容易になり、産業用途でのドローンのさらなる利用が期待できるとのこと。

またSkydio X2は赤外線カメラを搭載しており、より高度な飛行性能を持つため、幅広いシーンにおける利用が期待されている。

Skydio Dockは、ドローンを使用した点検・警備作業などに関するオペレーションを自動化・省人化する技術を搭載しており、運営の効率化につながる。

これらSkydioの製品と、ドコモのドローンプラットフォームである「docomo sky」の連携により、飛行計画の作成や撮影、取得データの管理・解析などを含めた一連の業務フローを一元管理し、ドローン利用のさらなる高度化・効率化を実現するとのこと。

ドコモは、ドローンを使用した点検・警備作業などを通じた安心安全でサステイナブルな社会作りを目指し、2020年1月以降Skydioと協業検討を行ってきている。

Skydioとの協業検討において、基地局鉄塔、道路下の構造物、家屋の屋根の点検作業などで、Skydio 2が持つ障害物回避技術がドローン飛行の安全性に寄与することを確認してきたとのこと。

また、倉庫内や建物内において、GPS情報に依存しない環境下での飛行経路の導出・巡回航行について有用性を確認している。これらの検証実績をもとに、今後は構造物やインフラ設備などの点検作業に加え、屋内の設備巡回など、幅広いシーンにおけるドローンの利用に向けて取り組んでいく方針だ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る