旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Windowsスマートチューニング 第480回 Win10編: 「設定」のヘッダーを削除する

2020年11月16日18時02分 / 提供:マイナビニュース

こんにちは、阿久津です。Windows 10 バージョン20H2の「設定」には、サインインしているユーザーやコンシューマー版OneDrive、Windows Updateの状態を示すヘッダーが加わりました。正確には同バージョン20H2のリリース前後で機能が加わり、同バージョン2004や同バージョン1909でも確認できます。

デスクトップ領域が狭い環境では使い勝手が悪くなるという意見もあれば、各アイコンがリンクを兼ねているため、筆者のように便利に使っているユーザーも少なくありません。それでもヘッダーが不要だと感じるユーザー向けに、今回は「設定」のヘッダーを削除するチューニングをお送りしましょう。

1. レジストリエディターを起動し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FeatureManagement\Overrides\4\4095660171キーを開きます(ない場合は作成します)。
2. DWORD値「EnabledState」を作成し、データを「1」に変更します。
3. DWORD値「EnabledStateOptions」を作成し、データを「1」に変更します。
4. レジストリエディターを終了させ、Windows 10に再サインインします。

以上でチューニングが完了しました。「Win」+「I」キーを押すなどして「設定」を起動しますと、ヘッダーが非表示に切り替わったことが確認できるでしょう。

「設定」のヘッダーはWindows 10 Insider Previewで以前からA/Bテストが行われており、この他にもMicrosoftアカウントのリワードポイントや、筆者は未確認ですがWebブラウジング環境の状態を示すアイコンが加わる環境もあります。

最新のWindows 10 Insider Previewにも、ヘッダーを非表示にするオプションは用意されていません。ですが、Microsoftへフィードバックすることで、そのオプションが加わる可能性があります。それでは、また次回お目にかかりましょう。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る