旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

議事録システムニーズに12方向発話を分離集音するマイク開発キット - NTTグループ

2020年11月11日16時43分 / 提供:マイナビニュース

NTTアドバンステクノロジとNTTテクノクロスは、1台のマイクデバイスで最大12方向の発話を分離、集音できる開発キットを12月上旬から販売する。

「Voice Compass Developer Kit」は、NTTのラボであるメディアインテリジェンス研究所の低演算/少メモリでの音声ノイズ除去技術IM-ASTERをもとに開発されたマイクデバイス(NTT-AT開発)と開発用ライブラリIM-ASTERライブラリ(NTT-TX)、マニュアルで構成される。

8つのマイク素子が搭載されるデバイスは高さ14.5mm×直径64.7mm、質量約60グラムの軽量フラットな円形手のひらサイズ。USBでPC接続する。開発者向けのライブラリは、64bit Windows DLL形式ライブラリとLinux向け共有ライブラリ(*.so)で提供される。最大12方向から集音できる音声をソフトウェア処理で分離、話者の方向を自動推定し位置変化に合わせ自動追従するなど、高度な音声収集機能を提供する。

機能を会議議事録システムに搭載することにより、従来は困難であった話者の分離や識別の音声認識が可能になることから、議事録作成業務の効率化が図れるとしている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る