旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

テレワーク時に20代の44.4%が「サボっている」と思われないか不安あり

2020年11月12日07時23分 / 提供:マイナビニュース

ヌーラボは11月10日、「テレワークとサボり」に関する調査結果を発表した。調査は10月5日~10月22日 、同社運営のプロジェクト管理ツール「Backlog」ユーザー737名を対象にインターネットで行われた。

テレワーク時に「チームメンバーや上司・部下(以下、他者)から『サボっている』と思われているのではないか、とストレスを感じるか」と尋ねたところ、「よく感じる」「たまに感じる」と回答した人の割合が最も多かったのは20代で44.4%。次いで30代(34.8%)、50代(30.3%)、40代(29.3%)と続き、20代では約2人、30代以上も約3人に1人の割合で、テレワーク時『サボっている』と思われているのではないかというストレスを実感していることがわかった。

一方、「テレワーク時、チームメンバーや上司・部下などに対して『サボっているのではないか』と思ってしまうか」という質問に対しては、20代の27.0%が「よく思う」「たまに思う」と回答。その割合は年代が上がるとともに上昇する傾向となり、30代では36.1%、40代で38.6%、50代以上では54.5%と半数を超えた。

次に、オフィス出勤とテレワークについて、「どちらの環境(働く場所)でよりサボってしまうか」と尋ねたところ、「テレワークの方がサボってしまう」という人の割合は年代が上がるにつれて少なく、20代では66.5%、50代以上では42.4%という結果に。

一方、「働く場所は関係ない」の回答は年代が上がるにつれ増える傾向にあり、20代では32.0%だが、40代では過半数となる51.4%を占めた。

また、仕事をしているかどうかの判断基準について、「労働時間で判断」「プロセスで判断」「成果で判断」の3つの選択肢から最も近いものを選んでもらった結果、年代や職種を問わず「プロセス」(46.3%)と「成果」(45.1%)に大きく二分し、「労働時間で判断」は8.5%にとどまった。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る