旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR東日本E7系、上越新幹線で自動運転&ローカル5G試験 - 来秋実施

2020年11月10日18時40分 / 提供:マイナビニュース

JR東日本は10日、ドライバレス運転の実現のため進めている自動列車運転装置(ATO)の開発の一環として、上越新幹線の新潟駅から新潟新幹線車両センターまでの区間で、E7系を使用した回送列車の自動運転の試験を2021年10~11月頃に実施すると発表した。

来秋実施する試験では、新幹線の自動運転の実現に必要な技術の蓄積と検証を行うため、新幹線E7系1編成(12両編成)を使用した試験走行を新潟駅から新潟新幹線車両センターまでの区間(約5km)で行い、その評価とともに課題を抽出。同時期に同じ試験環境を利用してローカル5Gの試験も行い、鉄道への活用の可能性を検証する。

自動列車運転装置(ATO)の試験では、列車の準備が整ったことを条件に遠隔で発車させること、ATOが自動的に列車の加速・減速を行うこと、自動で決められた位置に停車できること、緊急時に遠隔で列車を止めることが可能か検証する。

ローカル5Gの性能確認では、ローカル5Gを利用して高精細映像をリアルタイムに伝送する技術等の試験を行い、鉄道における5Gの活用の可能性を検証する。沿線に基地局を設置して走行中の回送列車と伝送試験を行い、大容量・低遅延通信ができることなど、5Gの鉄道環境での性能について確認する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る