旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シャープ、クリアな視界を保つフェイスシールド - 液晶で培ったモスアイ活用

2020年11月09日23時00分 / 提供:マイナビニュース

シャープは、液晶パネル開発で培った表面の特殊加工技術(モスアイ技術)を活用したフェイスシールドなど、4種類6製品を11月9日から順次発売する。βチタンフレームを採用したフェイスシールド「FG-800」(M/Sサイズ)の価格は税込で各8,980円。

企業の受付や対面で接客を行うサービス業などを中心に需要が高まっているフェイスシールドやアイシールド、マウスシールドをシャープが製品化。シャープのECサイト「COCORO STORE」で販売する。用途やサイズ、フレーム素材によって価格が異なり、ラインナップは以下の通り。
■ βチタンフレーム採用製品の税込価格 / 発売日

フェイスシールド「FG-800(M/S)」:各8,980円 / 11月30日
アイシールド「FG-500(M)」:7,480円 / 11月27日
マウスシールド「FG-300(M/S)」:各5,980円 / 12月7日

■ ポリカーボネートフレーム採用製品の税込価格 / 発売日

フェイスシールド「FG-F10(M)」:1,980円 / 11月9日発売

最大の特徴は、フィルム表面に微細な凹凸処理を施したモスアイ構造を採用していること。モスアイとは、ナノ(nm)レベルの微細な突起がある「蛾(モス)の眼(アイ)」の表面構造の研究から生まれた技術で、液晶パネルへの映り込みや内部光の散乱を抑えて映像の画質を高めるために、かつて同社製テレビで採用されていた。

今回新たに発売するシールドで、このモスアイ技術を応用。微細な突起で外光の屈折率を連続的に変化させることで表面反射率を大幅に低減し、表面反射率約0.3%/面を実現。「日光や照明などの反射で視界を妨げられることなく、手元での細かい作業もストレスなく行える」としている。

また、表面基材にはポリカーボネートを使用しており、高透過率で着用者の表情がクリアに見え、人と対面する機会の多い幅広い業務に適するという。

さらに、モスアイ構造と新開発の特殊なアクリル系樹脂を組み合わせたことで、フィルム表面に付着した水滴がすばやく広がるようにした。これにより、呼吸による曇りや、温度差などによる結露を防げるという。

フィルム表面には傷が付きにくくする特殊加工を施したほか、別売オプションとして交換用フィルムも用意。フレームを付け替えて長期間使用できる。交換フィルムは、アイシールド「FG-500M」用交換フィルムが税込2,980円(3枚入り)など。
■ 交換フィルムのラインナップと税込価格

フェイスシールド用交換フィルム(FG-800M/S共通):3,980円(3枚入り)
アイシールド用交換フィルム(FG-500M用):2,980円(3枚入り)
マウスシールド用交換フィルム(FG-300M/S共通):2,980円(3枚入り)
フェイスシールド用交換フィルム(FG-F10M用):3,480円(3枚入り)

フレーム部は、軽量で強度・耐食性にも優れたチタンフレーム(βチタン)を採用(フェイスシールド「FG-F10M」を除く)。プロダクトデザイナー大浦イッセイ氏によるデザイン監修の下、「めがねのまちさばえ」で知られる福井県鯖江市で製造し、外見の美しさだけでなく長時間装着しても快適なデザインを実現したという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る