旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

徳川家康の少年時代好演の池田優斗、『監察医 朝顔』で初の一人二役

2020年11月09日14時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の池田優斗が、きょう9日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)の第2話に出演する。

今回は、ひとけのない空き地で、中学生の矢野諒が遺体で発見される。野球のユニフォームを着て亡くなっている諒の傍らには野球のグローブが、空き地の金網には野球のボールが挟まっていた。その現場の様子に、野毛山署から駆けつけた平(時任三郎)はどことなく不自然なものを感じる。

諒の遺体は、朝顔(上野樹里)たちのもとへ運ばれ、解剖の結果、諒はみぞおちに何か強い衝撃を受けたために心停止になった可能性があることが分かった。検視官の丸屋大作(杉本哲太)は、みぞおちを殴られて殺されたということなのか、そこまでハッキリさせて欲しいと朝顔たちに迫るが、今の段階ではその判断はできないと答え、何より、まだ中学生の諒の遺体を家族のもとに返すことが先決だという朝顔たちの提案に、一同はまとまる。

そして、諒の身元確認のため、諒の祖母と兄が訪れた。遺体安置所で、諒の兄である一馬に会った朝顔たちは、諒と同じ顔をした一馬に驚き、諒と一馬が双子の兄弟であることを初めて知る。

NHK大河ドラマ『麒麟が来る』では、今作にも出演する風間俊介演じる徳川家康の少年時代を好演した池田が今回演じるのは、矢野諒と一馬の2役。一人二役に初挑戦となるが、「涼と一馬で性格が正反対なので、見てくださっている方に違いが分かりやすいように、監督さんと相談しながら演じていきました。普通なら1人の人物しか演じられませんが、今回は同時に2人の人物を演じることがとても新鮮でした」と語る。

上野とは『グッド・ドクター』以来の共演で、「『グッド・ドクター』の撮影時にはあまりお話する機会がなかったのですが、今回『監察医 朝顔』でお会いした時、当時話した内容を覚えてくださっていて、とてもうれしく思いました。上野さんとの大事なシーンで自分なりに考えて臨んだのですが、上野さんとお芝居していると自然に引き込まれ、感情があふれていって、とても不思議な感覚でした。撮影後に上野さんと仕事の話だったり雑談など長い時間たくさんお話をさせていただきました! 最後に上野さんから『また一緒にお仕事しようね!』と言っていただけてとてもうれしかったです! 笑顔が本当にすてきで大好きな方です」と話した。

金城綾香プロデューサーは「『グッド・ドクター』では、病気に苦しむ弟を持つ兄の苦しみをたくみに演じてくださいました。オーディションにて監督が即決したのをよく覚えています。輝くような才能にあふれた、俳優さんだと思っています。新シーズンに入った『監察医 朝顔』においても、上野さんと池田さんの2人のお芝居は、大きな見どころの1つです。ぜひお見逃しなく!」と予告している。

(C)フジテレビ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る