旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

小澤廉、中井貴一から直球質問「2.5次元って…」 大抜擢のドラマ『共演NG』

2020年11月09日11時30分 / 提供:マイナビニュース

秋元康が企画・原作、大根仁が脚本・演出を務めるオリジナルドラマ『共演NG』(テレビ東京系 毎週月曜22:00~)が現在放送されている。弱小テレビ局・テレビ東洋……通称・テレ東を舞台にした同作は、25年前に破局して以来”共演NG”となっている、元恋人同士の実力派大物俳優・遠山英二(中井貴一)と、人気女優・大園瞳(鈴木京香)が大型連続ドラマ『殺したいほど愛してる』で共演する様子を描いていく。

劇中ドラマ『殺したいほど愛してる』で共演NGなのは主演の2人だけでなく、「共演NGアベンジャーズ」と呼ばれる出演者たちが揃った、という設定。大御所俳優VS元付き人、元アイドルVS現役アイドルと様々な経歴の「共演NG」を取り揃えた中で、イケメン枠でのキャラ被りとして、戦隊モノ出身イケメン俳優・佐久間純役(細田善彦)、人気絶頂の2.5次元俳優・加地佑介(小澤廉)も火花を散らしている。

2.5次元俳優・加地を演じた小澤は、自身も『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』シリーズ、『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』シリーズ、『劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズなど多くの人気2.5次元作品に出演する。今回は小澤にインタビューし、作品への印象や面白さなどについて話を聞いた。

○■「2.5次元」の看板を背負うことに…

――『共演NG』という作品の企画を聞いた時は、どのような印象でしたか?

タイトルを見てまず面白そうだなと思いましたし、台本を読んだ時にみんなバチバチに言い合っているところが笑えて、現場に入るのが楽しみでした。

――今回2.5次元俳優役ということで、多くの俳優さんの中から大抜擢ではないでしょうか?

そうなんですよ! 「2.5次元」の看板を僕が背負うことになるので、不安ではありました。2.5次元のファンの方たち、特撮ファンの方たちが怒ったりしないかな? と思いながら……。ただ、そこはコメディドラマとして割り切って見てもらえることを信じて、バンバンセリフを言ってました。

――実際にそんなバチバチすることは…? 2.5次元と特撮でキャラがかぶるということもあまりないのかなと思っていました。

ないです! 僕が知る限りでは聞いたことないです(笑)。そこはもう、コメディということで。

――”テレ東”、あるいはテレビ局の描写で、「あるある」だなと思ったところはありましたか?

テレビ東洋さんのフレンドリーな部分は、テレビ東京さんと似ているなと思いました。ドラマを観ると、スタッフさんたちが色々とお話しているので、「裏でこういうことを言われてるのかな?」という点は、けっこうざわっとしました(笑)。視聴者の目線で「もしかしてこのセリフって、本当に言ってることなのかな」と観てしまったところはありましたね。

――普段は舞台で活動されることが多いですが、地上波の連続ドラマに出演ということで、周囲の反応はいかがでしたか?

ファンの方からはお祝いの言葉をたくさんいただきましたし、役者仲間からも「すごいじゃん」という言葉をもらいました。地元の友達も、「大御所の方たちのドラマに小澤廉が出る」というのが誇らしかったらしくて、たくさん連絡が来ました。

――テレ東さん的にも「社運を賭けた」ということでしたが、そんな作品に自分が出るというのはどんな気持ちですか?

恐れ多いですし、僕に与えられた役をまっとうできたらいいなと思いながら、日々現場で過ごしていました。僕からは話しかけることはできなかったんですが、中井さんや鈴木さんもいろいろと話しかけてくださって、「地元はどこなの?」といった他愛のない話から、「2.5次元俳優ってどんな感じなの?」と深掘りしてくださるような話まで、いっぱいしました。

――中井さんから2.5次元についてどんなことを聞かれたんですか?

いきなり「2.5次元俳優って、けっこう仲悪いの?」と聞かれて(笑)。「そんなことはないです。舞台で2カ月間くらい毎日会うから、みんな仲良くやらないときついんです」とお答えしたら、中井さんは、「俺が若い時は、けっこうライバル視してたんだけどなあ」とおっしゃっていました。でもそれを聞いて、僕らも「ライバルではありつつ、仲が悪くなるようなことはしない」という感じだなと思い、そういったことをお話していました。

――大御所の方がたくさんいらっしゃったと思いますが、現場で勉強になったことはありましたか?

みなさん、すごく自然なお芝居をされるんです。僕は舞台出身だから、声を張るのが当たり前なんですけど、先輩方は喉を使わずにプライベートのような喋り方で、でもそれがセリフとして聞き取りやすく、現場で見ていてもすごく勉強になりました。

――コロナ禍で舞台なども大変な状況な中、ドラマでも、2.5次元俳優を演じられるということで、舞台の面白さを伝えられたりするところはありますか? そういう雰囲気でもないかもしれませんが…(笑)

本当に、そういう感じではないですね(笑)。バチバチのケンカです! 「舞台って、こんなところがいいんだよ」といったセリフはないです。すいません!(笑) でも、そこから興味を持っていただける方もいたら、嬉しいです。

――それでは、最後にメッセージをいただけたら。

今回は秋元康さんと大根仁監督がタッグを組んで、そうそうたる大御所の方たちが出演される中、2.5次元俳優の小澤廉が、2.5次元俳優として出ています。僕も一生懸命お芝居をしてきたので、コメディドラマとして見てもらえたらいいなと思っています。とっても失礼なセリフを言っている場面もあるのですが、「ドラマとして楽しんでいただけたら」と、ぜひ書いてください!(笑)

■小澤廉
1991年8月12日生まれ、神奈川県出身。2013年『仮面ライダー鎧武/ガイム』でドラマに初出演し、2015年には『ダイヤのA The LIVE』で初主演を飾る。以降様々な人気作品で活躍し、主な出演作に『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』シリーズ(16年~)、『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』シリーズ(16年~)、『劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ(17年~)、舞台「炎炎ノ消防隊」(20年)などがある。

(C)テレビ東京

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る