旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

亀梨和也、5年ぶり舞台に1週間前からドキドキ! 共演者とは独自のあだ名

2020年11月07日04時00分 / 提供:マイナビニュース

舞台『迷子の時間-語る室2020-』公開ゲネプロ&取材会が6日に東京PARCO劇場で行われ、亀梨和也、貫地谷しほり、浅利陽介、松岡広大、古屋隆太、生越千晴、忍成修吾、前川知大(演出)が登場した。

同作は、作・演出家の前川知大が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した『語る室』をベースに新たに紡いだ2020年版となっている。ある田舎町に起こった事件と、事件をめぐる7人の物語となる。

亀梨は「こういった状況の中でステージに立たせていただくことを感謝しつつ、着てくださる方達にもいい時間を過ごしていただけるように尽くしたいなと思っています」と意気込む。警官の姿について「靴下の中にズボンを入れるスタイルは初めて」と足を見せつつ、「これちょっと裏話なので、あんまり写さないでください!」と苦笑していた。

建て替えも行われた同劇場について、浅利は「見ての通り、間口が広くなりました」と関係者のように紹介し、亀梨から「パルコさん!? パルコさんですか!? 回し者みたいな」とつっこまれる。"帰るところのできない未来人"役の松岡は「前川さんとは絶対にごしっしょしたかった演出家さんなのですごくうれしいですし 何よりこの先輩方に囲まれて芝居ができるのが最上の喜びだと思っています」「演劇ってやっぱり楽しいな、日常には必要不可欠だなと感じたので、皆様の生活圏に演劇が入っていけばと思った作品でもあります」と語った。

5年ぶりの舞台に、亀梨が「前川さんとご一緒させていただく中で、日々苦労というより、本当に挑戦であり、発見であり、気づきを本当にたくさん与えてくださって。本番は明日からですけど、おうちに帰ってから『大丈夫かなあ』とか『あそこ、こうした方がいいかなあ』とか……」と心境を表すと、浅利が「やめてよ、明日睡眠不足で来るの!」とツッコミ。貫地谷が「明日から本番じゃないですか。1週間前からドキドキしてるんですよ」と暴露し、亀梨は「家で気持ちを落ち着かせる作業を。お風呂にゆっくり入ったり、新喜劇さんの映像を見たり……でもすぐ戻っちゃうんですけど」と明かした。

稽古は毎回1時間程度のゲームから始まり、コミュニケーションをとっていたようで、シアターゲーム、椅子取りゲーム、ジェスチャーゲーム、ワードウルフなど日によって変えていたという。亀梨は「ワードウルフとか、けっこう先陣を切っていくんですけど、ガンと食い込まれるとキュウン! って子犬感が出てくる。ワンワンワンワンワン! って行くのに、キュウン! って。自分の新たな発見でした」と振り返った。

また、バーベキューのシーンが出てくるため、稽古とパンフレット撮影を兼ねて出演者で実際にも行ったという。貫地谷は「前日にみんなどの具材を持ってくるのか話したら、お肉がなかったんです。そしたら、次の日(亀梨が)朝から行ってきましたと言って、肉を大量に買って持ってきてくれました」とエピソードを披露。浅利が「はまぐりも最高だった! 木の箱に入ってるんですよ、はまぐりが!」と明かし、亀梨は「まあ座長としてね、皆さんによろしくお願いしますという気持ちも込めて、いい時間になってくれたらいいなと思って」と照れた様子だった。

ゲームのために各人のあだ名も独自に決めていたそうで「どうも、カズです」と自己紹介した亀梨。「あちゃりん(浅利)、ルッチ(古屋)、マッコ(松岡)、かんじー(貫地谷)、おうち、時にふぁごち(生越)、おしゅさま(忍成)。ゲームの時は、前川さんは"作・演出"のさくと」と次々に紹介する。亀梨が「もうそれが定着してるから、他の現場でお会いした人がいたらどうしようかと」と言うと、忍成は「おれは変な目で見られる」と心配し、亀梨も「おしゅさま~! って」と笑顔を見せていた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る