旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日向坂46、“おひさま”との再会に喜び「泣きそうなくらいうれしい」

2020年11月06日16時42分 / 提供:マイナビニュース

アイドルグループ・日向坂46のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』(公開中)の舞台挨拶が6日、都内で行われ、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依が登壇した。

ファンの温かい拍手に迎えられステージの登壇した6人。キャプテンの佐々木が「お会いするのは久しぶりなんですけど、緊張しています」と打ち明けてから、全員で「私たち、日向坂46です」とおなじみの挨拶を披露した。

ファンとの久しぶりの再会に6人は感激。「皆さん、本日は起こしいただきまして、ありがとうございます」(潮)、「皆さんに会えてすごくうれしいです」(加藤)、「皆さんにお会いすることが本当に楽しみでした。泣きそうなくらい本当にうれしいです」(齊藤)、「今日は短い時間ですが楽しみましょう」(佐々木)、「久しぶりに“おひさま”(日向坂46のファン)の皆さんと会えてすっごくうれしいです」(高瀬)、「久しぶりに皆さんに会えてとってもうれしいです」(東村)と、それぞれ感謝や喜びの思いを伝えた。

8月7日に公開された本作は、『NHK紅白歌合戦』への出場も決め、大躍進を続ける日向坂46のデビュー1年目に完全密着したドキュメンタリー。日々拡大するグループの人気の裏側に隠れたメンバー一人ひとりの苦悩を描き、自分たちの色を見つけるため、必死で走り続けるその姿に輝きと苦悩が交錯するデビュー1年目を追った。

3カ月に及ぶロングラン上映を続けており、佐々木は「まさか3カ月。映画って1カ月くらいかなという印象があったんですけど、3カ月も長い時間公開してくださっているというのは、それだけ見てくださっている方が多いのかなと実感できてとてもうれしかったですし、いろんな方法で皆さん感想を伝えてくださって、それが私たちの励みになったので、やっぱり“おひさま”力のおかげだなと思いました。何回も見てくださった方もいて、本当にありがとうございました」と感謝した。

また、来年1月20日に未公開映像を含めた『3年目のデビュー』のブルーレイとDVDが発売されることも発表した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る