旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

IIJ、最新のモバイル技術を体感できる実験施設を公開

2020年11月06日15時59分 / 提供:マイナビニュース

インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月6日、2019年5月に運用開始した千葉県白井市白井データセンターキャンパス(白井DCC)内に、最新のモバイル技術を体感できるという実験施設である「白井ワイヤレスキャンパス」を開設し、11月9日からユーザーに公開すると発表した。

同社は同キャンパスを新しいサービスの開発に必要な実験の場としても位置付け、屋内外に無線基地局を設置したラボ環境を構築し、開設当初からモバイル技術を使用するさまざまな実証実験を行ってきている今回、ユーザーが最新の無線通信技術を実際に体験できる施設として、同キャンパスを公開するという。

2020年11月の時点で用意しているデモ内容は以下の通り。

プライベートLTEとパブリックLTEの自動切替
プライベートLTEとパブリックLTEのエリアを行き来した場合に電波受信を自動的に切り替え、インターネットに接続する。
プライベートLTEを利用した警備ロボットの遠隔監視と制御
警備ロボットをプライベートLTEで制御し、同センター内の巡回監視や来訪者アテンド業務に利用する。
Wi-Fi 6
混雑環境下における通信効率を大きく向上させたというWi-Fi 6の実力値を、Wi-Fi 5とのスピード比較での紹介。
LoRaWAN
LoRaWAN対応のIoTセンサーやIoTプラットフォームの紹介。
ローカル5G SA(StandAlone方式)を模した有線接続による映像伝送
3Dモーションセンサーを使用し、手や指の挙動によってコンピュータ操作ができるデモ。
セルラーLPWA(LTE-M)とSoftSIM
携帯電話事業者の無線ネットワークにより長距離データ通信と低消費電力を実現するセルラーLPWAと、端末の小型化や低消費電力化に有用という同社の「SoftSIM」を組み合わせた製品の紹介。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る