旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

EmacsクローンのGNU Zile、3年ぶりのバージョンアップ

2020年11月06日11時25分 / 提供:マイナビニュース

GNUは米国時間2020年11月5日、GNU Zile バージョン2.4.15のリリースをメーリングリストで報告した。GNU ZileはGNU Emacsのクローンとして2008年4月に誕生し、軽量なGNU Emacsとして軽量なフットプリントシステムと迅速な編集セッションを目的に開発が続けられてきた。

バージョン2.4.15はコードのクリーンアップといくつかのバグフィックスが加わり、Lispのインタープリタがクラッシュする可能性を修正している。また、ビルド関連の変更点として、Gnulibなどのアップデートを含んだ改善や古いファイルの削除も行われた。その他の目立った変更点としてdocstrings(ドキュメンテーション文字列)のEmacs 27.1に合わせて更新している。前バージョンのGNU Zile バージョン2.4.14がリリースされたのは2017年10月だった。

阿久津良和(Cactus)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る