旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「エヴァンゲリオン」アスカがバンダイの最先端プラモに、テーマは「肌と密着した透明スーツ表現」

2020年11月05日17時53分 / 提供:マイナビニュース

バンダイスピリッツのプラモデル新プロジェクト「Figure-riseLABO」の第4弾として、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より、エヴァ3号機搭乗テストのために「テスト用プラグスーツ」を着用したアスカが登場。「Figure-riseLABO 式波・アスカ・ラングレー」(7,700円/税込)として、2021年3月に発売される。

「Figure-riseLABO」は、バンダイが持つプラモデルの成形技術を発展させ、これまでのフィギュアやプラモデルでは実現できなかった表現を研究し、実現に向けて進化させていくプロジェクト。第4弾の研究テーマは「肌と密着した透明スーツ表現」が据えられた。

「Figure-riseLABO 式波・アスカ・ラングレー」は、肌に密着したスーツのクリアオレンジ部を、約3mm~最も薄い箇所で約0.3mmの特殊成形で再現。徹底的なこだわりで選定した素材の重ね合わせで圧倒的な実在感を追求している。成形技術を駆使した陰影によるボディ表現も特徴。

アイトラッキングインジェクション(瞳のインサート成形)で、あたかもアスカがこちらを見つめているかのような視線の追従を実現している。複雑に重なり合う様々なパーツの性質・素材感を考慮して金型を加工。原型は、人気フィギュアメーカー「ALTER」とのコラボレーションが実現している。

(C)カラー

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る