旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

サンコー、ヘッド交換で4種類の機能を使い分けられる電動工具

2020年08月28日17時57分 / 提供:マイナビニュース

サンコーは8月28日、ヘッドを取り換えて4つのワイヤレス電動工具として使える「充電式電動DIYマルチツール」を発売した。価格は17,800円(税込)。

ヘッド部分を取り換えることで、ドリルドライバー(穴あけ/ボルト締め)、インパクトドライバー(ネジ締め)、サンダー(研磨)、ジグソー(切断)として使用できるマルチツール。トリガースイッチの押す強さ(深さ)で低速と高速を切り替えられる。回転方向も右回転(正転)と左回転(逆転)を選択可能。誤動作防止にロック機能を搭載する。

各機能の仕様は、ドリルドライバーが1.0~10mmのキーレスチャック式。使用時の回転数は0~550rpm、最大トルクは25Nm。インパクトドライバーは2面幅6.35mmの六角軸チャック式、使用時の回転数は0~2,400rpm、最大トルクは90Nm。サンダーはパッドサイズが90×90×90mmで、回転数は0~3,000rpm。ジグソーは切込深さが最大22mm、回転数は0~3,000rpmとなる。

電源は充電式の18V専用バッテリーを使用。約90分の充電で15分動作する。ドリル刃×4本、ドライバービット×5本、サンドペーパー×3枚、ジグソーブレード×3本に加え、収納ケースが付属。本体サイズはW70×D215×H226mm、重さは955g(バッテリー含む)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る