旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

浜辺美波が横浜流星を抱き寄せ…『私たちはどうかしている』第3話

2020年08月24日11時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がW主演する日本テレビ系ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜22:00~)で、26日に放送される第3話の場面写真が公開された。

15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜(浜辺)の母。七桜と椿(横浜)は幼なじみで初恋の相手でありながら、“容疑者の娘”と“被害者の息子”に。15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明しようと、正体を隠したまま光月庵に乗り込んだ。

しかし、第2話のラストで、七桜の正体が女将・今日子(観月ありさ)に知られてしまう。
はたして七桜は、椿と幼なじみの“さくら”であることを隠し通せるのか…。

今回のシーン写真は「信用ならないやつは手元に置いておく」と椿に言われて閉じ込められた物置で、七桜が椿を抱き寄せる場面。逃げ出そうとした七桜が取った手段とは。そして、椿が七桜を閉じ込めた真の理由とは…。

第3話は、椿と大旦那(佐野史郎)の確執、七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)との接触、七桜の母親と名乗る謎の女性(須藤理彩)の出現などが展開される。

そして、すべての物語の発端となった、15年前の殺人事件――女将、大旦那、職人たち、七桜を取り巻く人々の中で、誰が真犯人なのか、事件の真相を知るのは誰なのか…。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る