旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

崎山つばさ・安井謙太郎らが見せた、舞台上の気迫…『死神遣いの事件帖』大千秋楽へ強い思い

2020年08月14日13時38分 / 提供:マイナビニュース

舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』の千秋楽のライブビューイング上映が15日に全国、及び台湾で行われる。今回は、同作のレポート記事を公開するとともに、崎山つばさ、安井謙太郎、毛利亘宏(脚本・演出)、中村恒太プロデューサーのコメントを紹介する。

同作は東映東映ビデオが立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の第2弾。映画は鈴木拡樹、舞台は崎山つばさが主演を務める。映画は、江戸市中で探偵業を営む『死神遣い』の久坂幻士郎(鈴木拡樹)と死神・十蘭(安井謙太郎)が “遊女連続殺人事件”に関わっていく物語。舞台はその映画から1年後の設定で、侠客のリーダー・庄司新之助(崎山つばさ)と、死神・十蘭が死神にまつわる大きな陰謀に巻き込まれていく。

すでに東京大阪福岡公演を終えており、徹底した換気や自動体温検知器の設置といった新型コロナウイルスへの対策のほか、初日公演、大阪2公演のライブ配信を行うなど、柔軟に作品を届ける姿勢を見せている同舞台。公開ゲネプロでは、主演の崎山が「1日でも多く上演できるように努めていく」と覚悟を見せていたが、無事に広島での最終公演を迎えようとしている。

映画では、吉原遊郭の殺人事件から歴史の裏側に迫るようなスケールの展開を見せ、舞台版でもその勢いは加速した。侠客・新之助を演じた崎山は圧倒的なヒーロー力で舞台を引っ張り、死神・十蘭を演じた安井謙太郎は意外な過去と現在の二面性で演技の幅を広げる。トリックスター的存在の百目鬼(陳内将)や、あやしい魅力の天元(谷口賢志)、さらに侠客、死神、幕府、町民などそれぞれの陣営で思いを持ったキャラクターがいきいきと動き回り、映画に登場したキャラクターである幻士郎(鈴木拡樹)、一八(押田岳)までも物語のなかで存在感を見せた。

オリジナル作ながら「しにつか」の愛称で親しまれる同作はすでにファンも多く、SNSでは「続編が見たい」「最高だった!」「胸が熱くなった」という熱烈な声も。またコロナ禍で多くの公演が延期・中止となるなか、「久々の劇場で泣きそうになった」「やっぱり観劇はいい」「生の迫力を感じられた」と、演劇への思いを新たにしているファンも多いようだった。

15日18時より行われる広島の大千秋楽公演は全国の映画館でライブビューイングを実施するほか、台湾でも人気を博し日本と同時に大千秋楽上映が行われる。殺陣・ダンスも盛りだくさんで、実は特撮的な見せ場もある同作は大画面にもぴったりなこと間違いなし。

さらに映画は各配信サービスにて特別先行配信を行ない、舞台は15日13時30分公演、18時公演を「e+」のライブ配信サービス「Streaming +」、及び「ローソンチケット」のライブ配信サービス「ローチケ LIVE STREAMING」にてライブ配信するなど、二重三重に作品を堪能できそうだ。

今回の記事作成にあたって、崎山、安井、毛利(脚本・演出)、中村プロデューサーから大千秋楽へ向けてのコメントも到着。「間違いなく忘れることのできない公演」(崎山)、「今まで過ごしたことのないような不思議な緊張感」(安井)、「どんなことがあっても演劇は生き続けます」(毛利)と、常以上の気迫がうかがえる内容となっている。また中村プロデューサーによるコメントからは、「東映ムビ×ステ」念願のライブビューイングであることも伝わってきた。上映館などの詳細は、特設サイトにて確認できる。
崎山つばさ コメント

この状況下の中で千秋楽を迎えられることがどれほど難しいことなのか日々公演をして感じています。稽古の時から常にその日のこと、その次を目標としながら過ごしていました。間違いなく忘れることのできない公演になっています。でもその中で一緒に作り上げた座組の力はこれまでに経験したことがない種類の強さを感じます。その一人一人が持つ力と作品の力と相まって必ず観劇される方々に生きる力を届けられるよう最後まで精進します。是非、皆様とその瞬間を共有できますように。

○安井謙太郎 コメント

舞台『死神遣いの事件帖』、皆さまのおかげで遂に大千秋楽を迎えることが出来ます。
まずは、ここまで応援してくださった皆さま、劇場に足を運んでくださった方、劇場に足を運ばないという選択をしてくださった方、配信を見てくださった方、心の中で応援してくださった方、すべての方達に感謝です。
初日を迎えてから約1カ月、今まで過ごしたことのないような不思議な緊張感と、この公演が千秋楽になるかもしれないというある種の覚悟のような気持ちを持って1公演1公演、演じさせていただきました。
そんな想いが積み重なった大千秋楽、是非見届けてください。

○毛利亘宏(脚本・演出) コメント

この公演が大千秋楽を迎えられることを本当に喜ばしく思っております。我々カンパニーは、なんとかエンターテイメントを皆様に届けようと必死にがんばって参りました。ここまでこられたのは、皆様のご声援のおかげです。
どんなことがあっても演劇は生き続けます。我々も生き続けます。皆さんも生き続けます。
この作品は、困難に立ち向かう物語です。大千秋楽、劇場と映画館、ライブ配信と様々な空間で、皆さんと一緒に様々な困難に立ち向かう時間にしたいと思っています。共に戦い、最後は喜び合いましょう。
○中村恒太プロデューサー コメント

映画と舞台の連動企画である「東映ムビ×ステ」が企画された当初から、その舞台のライブビューイングをいつかは…と思っていました。今回、機会があり、実施する運びとなりました。映画『死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-』を上映した映画館を中心にライブビューイングを上映できることに、この「東映ムビ×ステ」というプロジェクトの新たな連動を感じております。
余談ですが、「ムビステのステ(舞台)がムビ(映画館)でライブビューイングするから、『#ムビステステムビ』? 『#ムビステステインムビ』?? なんてハッシュタグの話を勝手に話しておりました。日々、SNSにて、多くのご意見・ご感想を頂いております。ありがとうございます。
今作、キャスト・スタッフ一同、そして、観に来て頂いたお客様と観に行かないことを選んだお客様も含めて、感染症予防対策に全力で取り組んできた結果、どうにかこの広島公演まで辿り着くことができそうです。この場を借りて、感謝を申し上げつつ、どうかこの座組の行きつく先をいっしょに見守って頂けますと幸いです。
4都市31公演、全力で走りぬけて参りました。大千穐楽、“ステ”は“ムビ”で、劇場と劇場、そして、全国と台湾に繋がります! 2020年の夏、広島から熱い想いをのせて、最高の舞台をお届けします。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る